無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
9月17日(木)に新月になります
0

    9月17日(木)の午後8時に新月になります。

    新月の直後48時間以内はお願い事をするのに

    適しています。

    手帳やノートなどに自分のなりたい姿や

    叶えたい希望を書くことをお勧めします。

    9月17日(木)午後8:42〜9月18日(金)午前3:56に

    ボイドタイムがありますので、

    その時間は避けた方が良いかと思います。

    新月のアファメーションの仕方は

    石の豆知識ブログをご覧下さい。

    http://stone-plus.jugem.jp/?cid=4

     

    今回の新月は「調整・整理整頓・ライフワーク・

    生活・具現化」を司る乙女座で起こります。

     

    乙女座は魚座と並び「浄化」を司る星座です。

     

    魚座と異なるのは、浄化に加え「調整」の

    役割を持っていることです。

     

    9月17日の乙女座新月は、

    浄化によって空いたスペースを、

    新しい時代に合うように調整してくれる

    パワーに満ちています。

     

    生まれてからずっと「地の時代」仕様だった

    私達のベースを、「風の時代」に合う形に

    整えてくれます。

     

    9月10日には火星がホームグラウンドである

    牡羊座で32年ぶりに逆行を迎え、

    9月13日には木星が順行になり、

    10月には冥王星が巡行を開始、

    10月半ばには水星の逆行が起こり・・・と、

    天空図の動きはかなり目まぐるしいものに

    なっています。

     

    その激しさを現実的に調整してくれるのが

    乙女座の新月です。

    それは、世の中の混乱の中にあっても、

    そこから確実に価値あるものを

    拾い集めるのを助けるエネルギーです。

     

    今回の乙女座新月で注目したいのは、

    山羊座の木星と土星と冥王星で形成される

    「調停の三角形」です。

     

    この調停の三角形の後押しが、

    どうしても避けて通れない「価値観のズレ」を、

    風の時代に会うようにスムーズに

    変容させてくれます。

    特に「仕事」「働き方」に関する価値観のズレが

    調整されます。

     

    「風の時代」では、仕事が自己表現の場となり、

    自分自身が楽しまないと大きな収入へと

    発展しない傾向にあります。

     

    この新月では「自分は本当に何をしたいのか、

    心から楽しいと思える事は何か、

    自分にとって最も大事な価値観は何か」と問いかけ、

    魂の声に耳を傾けてみてください。

     

    乙女座を象徴する女神は日本において

    菊理媛(ククリヒメ)様と言われています。

    悪縁を断つのを助け、悪霊などのネガティブな存在を

    退ける力強い女神です。

     

    また、古事記では黄泉(よみ)の国と

    現世での境で起きた伊弉諾命(イザナギノミコト)と

    伊邪那美命(イザナミノミコト)の夫婦喧嘩を

    取りなした調停の女神でもあります。

     

    諍い(いさかい)がなければ調停は必要ありません。

    混沌がなければ調和も秩序も生まれません。

    この世界は、相反する性質を持つ2元で構成されており、

    何かより良いものを得るために、

    一度は混乱を経験する必要があるのです。

     

    この時期にお勧めなのは、

    深いレベルで意識を改革・変容させるメタモルフォーゼスクォーツ、

    菊理媛様と繋がるスギライト、

    木星の石と呼ばれるプクラジストーン(イエローサファイア)、

    夢を叶える力があるとされるハーキマーダイヤモンド、

    9月の誕生石で乙女座の星座石でもあるブルーサファイアです。

     

    難しい案件でも見事に調整するご神徳のある

    菊理媛様とシンクロする乙女座新月のパワーを受け取って、

    地に足を着けてスマートに現実と向き合ってみましょう。

    | 天然石専門店 ストーンプラス | 新月と満月のメルマガ | comments(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments: