無料ブログ作成サービス JUGEM
見咲幸呼よりメッセージ Vol.58
0

    目に見えない世界について興味のない方は

    スルーして下さいの第58弾です。

    久しぶりに書きます。

     

    今回は『災害に遭っても被害を受けない生き方』

    についてのメッセージです。

     

    地球温暖化の影響で近年台風が大型化していると言われ、

    台風19号も洪水など日本各地に大きな爪痕を残し、

    未だ被害の全貌が見えない状況です。

     

    また先日の大雨では、千葉で豪雨による

    土砂災害や河川の越水も起きています。

     

    各地の洪水の様子をニュースで見るたびに心が痛みます。

    地球は大丈夫なのか、地球のために自分に出来ることは

    何かないだろうかと深く考えてしまいます。

     

    個人レベルでは避難経路を確認して早めに避難したり、

    災害グッズや食料を備えたり、

    自治体レベルでは物理的に堤防を高くする、

    排水システムを根本的に見直して構築しなおす、

    警報を出すタイミングを改善するなど、

    色々と取り組めることはまだまだあると思います。

     

    しかし、そもそも災害が起こらないようには出来ないのか、

    と思い情報を取ってみるとやはり出来るようなのです。

     

    目に見えない世界では、惑星の環境は、

    神様(土地を守って下さる氏神)、自然界の精霊、

    人のトライアングルの連携で維持されています。

     

    10月は『神無月』で、出雲に日本全国の神様が

    出張されている時期だったというのも

    水の被害が大きくなった原因の一つかもしれません。

     

    人サイドとしては、神様を正しく祀り、

    自然由来のあらゆる物に意識が宿っているのだと

    感じて敬意を抱き、自分自身と関わる全ての人達に対して

    ウィンーウィンの関係を構築出来るよう

    心がけていく必要があるそうです。

     

    神様が見ていると思えば、自然とモラルに反する生き方は

    しないようにという心がけが出てきます。

     

    自然界に精霊がいるという意識があれば、

    自浄作用を無視して自然破壊をすることは避けられる筈で、

    開発をする時も『場』に対してご挨拶の気持ちが出てきます。

     

    人は自然を汚さなければ生きてはいけません。

    そのことに対して、出来るだけ汚さないようにしようと意識し、

    生かされていることに有難うという気持ちがあるだけで違うそうです。

     

    また、愛のある『良い人』達が、『奪う』タイプの方達に

    我慢させられたまま身動きが取れなくなっている度合いが強い地域には、

    災害の影響が大きくなる傾向があるそうです。

     

    愛のある良い人達が自分らしく生きられれば、

    自然とそこにはウィンーウィンの関係が広がっていきます。

    突き詰めれば、本当の意味で自分を大切にする生き方が、

    災害を起こさない生き方になるのだということだそうです。

    | 天然石専門店 ストーンプラス | 見咲幸呼 | comments(0) | - |
    見咲幸呼よりメッセージvol.57
    0

      目に見えない世界について興味のない方は

      スルーして下さいの第57弾です。

       

      今回のテーマは

      『やりたいことを見付けるために、

      絶対やりたくないことを探る』です。

       

      色々な相談を受けていると、

      多くの方の共通の悩みとして

      『自分が本当にやりたいこと(仕事)が

      わからない』というものがあります。

       

      やりたいことを見付けようとすると、

      何かポジティブで前向きなものを

      見付け出さなければという

      無意識のプレッシャーが出てくるようです。

       

      周りの価値観に振り回され、

      やりたいことはこうあるべきなのだ、

      という思い込みが出てきてしまう。

      そんな時は、逆説的に考えてみることを

      お勧めします。

       

      あなたが『絶対やりたくないこと(仕事)』を

      思いつくままに10個以上、

      紙に書きだしてみてください。

       

      例えば、「朝早く起きる仕事は

      絶対したくない」と書いたならば、

      その反対は何だろうと考えてみるのです。

      その答えは人によって違います。

      例えば、9時から5時まで働く仕事ならば

      良い人もいれば、

      午後から夜にかけて働くことが良いのか、

      その人なりの特徴が出てきます。

       

      絶対やりたくないことは

      好きなことに比べるとパフォーマンスが低く、

      能力も発揮しにくく、長期に渡って継続すると

      ストレスから病気になる可能性もあります。

       

      10個以上の書いた項目に対して、

      絶対したくないことを避けるために

      どうすればよいか、

      避けられる仕事は何か、

      というのを考えてみるのです。

      そうすると自ずと

      自分が不満を感じにくい仕事は何かに

      気付くことが出来ます。

      不満を感じないということは、

      ストレスを感じにくいということでもあります。

       

      次に、絶対にやりたくないと思うことの

      反対に書いた10個以上の項目に対して、

      優先順位を付けます。

       

      そうすると、自分が何を大事にしているのか

      という価値観が見えて来ます。

      出来るだけ優先順位の高いものを

      満たすような仕事を選ぶよう意識するのです。

       

      すぐに転職出来ない場合でも、

      社内で自分の価値観を満たす部署への

      異動を考えてみたり、

      今の担当業務の中で優先順位が低いものを

      それをするのが得意な同僚に振り分け、

      優先順位が高い業務の比率を

      増やしてみるのも良いでしょう。

       

      かなり脳みそを使う作業なので、

      自分一人だけでは難しいと思われる方は、

      ヒーリングルームでも

      「価値観を出すワーク」をしてますので、

      良かったらカウンセリングをご予約ください。

      きっと、新しい自分を見つけられるはずです。

      | 天然石専門店 ストーンプラス | 見咲幸呼 | comments(0) | - |
      見咲幸呼よりメッセージvol.56
      0

        目に見えない世界について

        興味のない方はスルーして下さいの

        第56弾です。

         

        今回は季節の変わり目のせいか、

        体調を崩す方が多いので、

        多次元的な体調管理の話を

        したいと思います。

         

        人の身体は、肉体と

        その周りを取り巻く

        多次元の6つの体で

        構成されています。

         

        『肉体→気の体→感情の体

        →魂の体→創造の体→思考の体

        →意識の体』の順に、

        エネルギーが精妙になっていきます。

        それぞれの体は、

        他の体と重なって存在しており、

        常に影響しあっています。

         

        肉体に病が現れる前のいわゆる

        『未病(=病気にはなっていないけれど

        不調を感じている)』の状態は、

        他の多次元の体に

        既にダメージが現れています。

         

        例えば、自信をなかなか持てない人は

        ストレスがすぐ胃に出ますが、

        「気の体と感情の体」のお腹の部分の

        色が薄くなっています。

         

        嫌味を毎日言われて

        耳の不調を感じている人は

        「思考の体」の耳の部分に

        裂け目のような損傷が

        出来ていたりします。

         

        鬱になる方は、

        思考の体の頭部のエネルギーが

        枯渇しているような状態になります。

         

        特に思考と感情は肉体に与える影響が大きく、

        自分に対して愛のない考え方を持ち続け、

        それに付随するネガティブな感情を

        解消しないままでいると、

        そのダメージは時間の経過と

        共に肉体に到達して、

        目に見える『病』という形で顕われます。

         

        病というものを別の角度から捉えると

        「あなたの今の生き方では、

        生まれて来た目的が叶えられず

        本当の幸せを感じることは出来ませんから、

        早く気付いてくださいねー」という

        魂からのメッセージであるとも言えます。

         

        また、「あなたの周りには

        愛のない人ばかりいて、

        愛のない環境になっているから、

        振り回されるのを辞めて、

        もっと愛のある場所に行ってくださいねー」

        というお知らせであったりもします。

         

        人の魂の中にはそれぞれ

        『内なる神様』がいらして、

        その人に本当の幸せを味わって欲しいと

        願っているけれど、自ら声を掛け

        耳を傾けないとその声は聞こえないので

        『病』という形で教えるしか手段が

        ないこともあるそうなのです。

         

        未病の段階で、多次元の体をクリアに保ち、

        エネルギーを充実させておくことは、

        心身の健康にとって、

        とても大事なことです。

         

        天然石は、多次元の体をクリアにし

        強化するのに有効です。

         

        そして、自分の本当の願いに気付き、

        その先に進むのを助けてくれます。

         

        一時的に問題が起きたように見えても、

        後から振り返ったときに

        その出来事が『恩恵』だったと

        分かる場合もあります。

         

        また、自分に対して

        胸が温かくなる(魂の体)ような、

        愛のある考え(思考の体)を持ち、

        愛のある言葉(創造の体)をかけ、

        愛のある感情(感情の体)をもち、

        愛のある行動(気の体)をとることを

        意識する(意識の体)ことが、

        心身の健康にとって必要不可欠です。

         

        しがらみや建前が多い世界で、

        素直に生きるのは確かに

        大変な部分もあるかもしれません。

         

        ですが、自分のハートに

        素直に生きようという姿勢が、

        魂その中にいる内神様に繋がるのを助け、

        人生を生き抜く羅針盤になるのです。

        | 天然石専門店 ストーンプラス | 見咲幸呼 | comments(0) | - |
        見咲幸呼よりメッセージvol.55
        0

          目に見えない世界について興味のない方は

          スルーして下さいの第55弾です。

           

          今回は、モラルハラスメントの中でも

          最近の特徴的なものへの対処法を

          お伝えします。

           

          モラルハラスメントとは、

          『言葉や態度などによる

          精神的暴力やいやがらせのこと』で、

          フランスの精神科医イルゴイエンヌが提唱し、

          1998年に刊行された著書により

          広く知られるようになった概念で、

          モラハラと略されます。

           

          加害者に加害意識や罪悪感がなく、

          被害者が自己否定・自己嫌悪に陥るような、

          巧妙な精神的暴力による支配関係が特徴的です。

           

          2年程前から、家庭、友人、職場、恋人などの

          身近な関係で、

          元々問題はあったけれども

          急に嫌がらせがエスカレートし始めた人がいて、

          毎日振り回されて困っている、という

          ご相談を受けるようになってきました。

           

          昨年の秋頃からその数が徐々に増え始め、

          今年に入ってからは急激に増えました。

          特に2月20日のスーパームーンの前後は、

          耳にしない日はない程、

          苦しんでいるクライアントさん達の話を

          聞きました。

           

          ここ最近のモラハラをする方達の特徴は、

          「自分さえ良ければいい」という極端な視野の狭さ

          「今だけ良ければいい」という刹那的な姿勢です。

           

          そして、いつも不機嫌で、

          自分にとって都合の悪い出来事の

          全てを周りのせいにし、

          指摘されても反省することは

          まずありません。

          建設的な話し合いに応じることもありません。

           

          一方的に無理難題を相手に押し付け、

          出来ないと相手を責め続けたり、

          無視したりします。

           

          彼らは眉間のチャクラの機能と

          ハートチャクラの機能が働かないため、

          将来的かつ俯瞰的に物事を考え、

          周りとwin-winの関係を

          作ることが出来ません。

           

          今自分が身近な人にしている

          嫌がらせや他者を裏切る行動が、

          未来にどのような結果を生むかということを

          理解出来ないようなのです。

          彼らが変わることは殆ど期待出来ません。

           

          また、周りに対しては「いい人」を演じ、

          嫌がらせを受けている相手を貶めるような

          嘘を平気で吐いたり、侮辱したりします。

          姑息でずるい手を平気で使い、

          お世話になった人や支えてくれた人に対して

          恩を仇で返したりします。

           

          彼らは時に、同情を誘うような話をしたり、

          突然優しくなったりして、

          この人を私が助けてあげなければ、と

          思わせることにも長けています。

           

          被害に遭いやすい人は

          「謙虚で思いやりがあり、素直」という

          特徴があります。

          わかり合おう相手を理解しようとする姿勢は

          本来は長所なのですが、

          モラハラをする方と仲良くしようと合わせていると、

          自己肯定感や自信がどんどん失われていくので、

          ハッキリとものを言うことが出来なくなって、

          ますますモラハラ被害から抜け出せなくなります。

           

          もし、自分の今の状態が本来の自分とは程遠く、

          今まで自信を持って生きていたはずなのに、

          ここ数年常に誰かの顔色を伺って

          生きていると感じている方は、

          モラルハラスメントを身近な人に受けていないか

          確認してみることをお勧めします。

           

          気が付かないうちにジワジワと

          マインドコントロールされている

          可能性があります。

           

          モラハラ被害から抜け出すために必要なのは、

          『自分軸』で生きること、

          物事を長期的に計画性を持って見ることです。

           

          自分軸で生きるとは、自己を肯定した上で、

          自分の願いを確認し、自己責任において

          自他に対して愛のある選択することです。

           

          例えば、「私は残りの人生で◯◯を成し遂げて、

          日々喜びを感じて周りの人と

          信頼関係を築いて生きていきたい」という

          願いがあるならば、

          これから先この今の環境に居続けたら

          自分はどうなっているだろうか、

          と考えてみるのです。

           

          そうすると、歪んだ関係性が、

          いかに自分の人生を蝕んでいるのかが

          見えてきて、

          何を選び何を捨てるべきなのかが

          徐々に見えてきます。

           

          精神的に追い詰められ、

          自信を失って疲弊していると、

          なかなかそういった視点を持つのは

          難しいかもしれません。

           

          そんな時はアイオライトを身につけると、

          長期的な視野と

          正しいヴィジョンを描くのを助けてくれます。

           

          また、魂の願いに沿った

          本当の自分を見付けたい方は

          ペタライト

          モラハラに動じない強さが欲しい方は

          ギベオン、ペリドット

          悪縁を切りたい方は

          ブラックスターサンストーン、ラピスラズリ

          しつこい執着から逃れたい方は

          スコロライト、クンツァイト、オパール

          激昂した相手から身を守りたいときは

          ピーターサイトがお勧めです。

          | 天然石専門店 ストーンプラス | 見咲幸呼 | comments(0) | - |
          見咲幸呼よりメッセージ vol.54
          0

            目に見えない世界について興味のない方は

            スルーして下さいの第54弾です。

             

            今回は、運気と投資の関係について

            お話したいと思います。

             

            天然石は持ち主を守り、

            力を貸してくれる存在です。

            自分に合った天然石を選んで身に付ける、

            或いは置石として活用することは、

            自身の運気に投資することとイコールです。

             

            天然石を身に付ける目的で圧倒的に多いのが、

            困ったことや何とかしたいことの解決のため、

            というものです。

             

            例えば、悪縁を断ちたい、何とか仕事で成果を出したい、

            体調不良を改善したい等々・・・

            「困っている」というマイナスの状態を

            平常の「フラット」な状態に戻したい、という人達です。

             

            天然石は保護作用や邪気払い等の力が強いので、

            確かに状況が改善していきます。

            そして、「特に何も困っていない」という

            フラットな状況になると、

            「石にあまり頼るのは良くないから」と

            身に付けなくなります。

             

            実は、この「特に困っていない」

            「現状維持で満足」という状態こそが、

            次の問題の種子になっているのです。

            そのことに気付いている方は、

            少ないように思います。

             

            この世界は光と闇、プラスとマイナス、という風に、

            正反対の性質を持つものが同じ質量存在するということで

            成り立っている『二元で構成された世界』です。

             

            つまり、困っている状態があるということは、

            それと同じ質量で受け取れる筈の恩恵が

            どこかで発生しているということなのです。

             

            大変な状況の中でも、必要なことを学び、行動し、成長すると、

            やがて『恩恵』を受け取れるようになります。

            その人が成長して『恩恵』を受け取ることが出来るよう、

            天然石は助けてくれます。

            つまり、問題解決のスピードアップを図ってくれるのです。

             

            やがて、恩恵を受け取った平穏な状態になった時、

            今度は同じ質量の『問題』がどこかで発生し始めます。

            その時に、「今は困っていないから」と努力をやめてしまったら、

            発生した別の『問題』が来た時に、

            また振り回されることになります。

             

            その『問題』を小さくし、解決する能力を高めるために、

            平穏な時にこそ天然石を身に付け続けて欲しいのです。

             

            資産形成のための長期投資もそうですが、

            途中でやめないということが何より大事です。

            せっかく今まで積み上げた運気の恩恵を、

            長期に渡って安定して受け取り続け、

            調子が悪いときもその下がり幅を小さくすることが、

            幸運体質への実は近道なのです。

            | 天然石専門店 ストーンプラス | 見咲幸呼 | comments(0) | - |
            見咲幸呼よりメッセージ vol.53
            0

               

              目に見えない世界について興味のない方は

              スルーして下さいの第53弾です。

               

              前回、依存してくる他者の尻拭いを

              し続けている真面目な人たちが、

              もう限界と追い詰められている

              ケースについてお伝えしましたが、

              今回は、それに伴って起こる現象について

              お伝えしたいと思います。

               

              ここ最近、原因不明の体調不良を訴える

              クライアントさんが多く、

              透視をすると多次元の体のパーツが

              真っ黒になっています。

               

              目、耳、鼻、喉、肺、腎臓、片足など、

              人によりますが、これらが上手く

              機能していないようなのです。

               

              勿論、体調不良の原因はストレスや天気、

              ご本人の不摂生や過労など、

              色々あると思いますが、

              依存してくる他者に

              コントロールされ続けると、

              体の機能自体が

              損なわれていくようなのです。

               

              目が霞む、人の言うことが理解しずらい、

              耳鳴りがする、喉が突然痛む、

              歯茎が弱って痛みがある、鼻炎になる、

              呼吸しづらい、むくみやすい、

              足がうまく動かない、という症状があり、

              病院に行っても原因が見当たらない、

              という方は多次元の体のパーツが

              損なわれている可能性があります。

               

              この体の機能を魂の方から

              修復するのにお勧めなのが、

              ペタライトという天然石です。

              胸腺の辺りにペンダントとして付けると、

              機能の損傷も防ぐことが出来ます。

               

              また、鬱のような思考にすぐ陥る、

              先のことが全く考えられず

              不安になる場合は、

              眉間のチャクラ(第3の眼)の機能が

              損傷している可能性があります。

              第3の眼の機能を正常化するには、

              ラピスラズリとアポフィライトがお勧めです。

               

              依存してくる方たちの特徴としては、

              自分さえ良ければいいという

              視野の狭さ、今だけしのげればいいという

              刹那的な視点が挙げられます。

               

              悪気がないにしても、

              そのような生き方を選んでいることそのものが、

              周りに不安思考を感染させ、

              ダメージを拡大させてしまうのです。

               

              恐怖から選択するその場しのぎの行動は、

              恐怖しか生みません。

              恐怖を愛に変換させるのに、

              スギライトがお勧めです。

              持ち主の周りにエネルギー的な無菌室を作り、

              安全な状態で癒しのプロセスを促進します。

               

              私は、今世界の市場で起きている

              同時株安の本質的な原因は、

              この「先の見通しが立たない」という

              眉間のチャクラの機能低下にあると

              感じています。

               

              自国さえ良ければいい、

              自社さえ良ければいい、という考え方と

              その選択は、巡り巡って

              そう遠くない将来に自身の首を締めていきます。

               

              人は、自分自身の力で望ましい未来を

              創っていくことが出来ます。

              それは、第3の眼の機能を

              正常に働かせることが必要です。

              そのために、依存してくる他者と距離を取ること、

              どうしても関わらなくてはならない場合は

              エネルギー的な等価交換を心がけることです。

               

              エネルギーに関しても金銭に関しても

              win-winでなければ応じないという

              スタンスを徹底させることです。

              何か助けを求められた時に、

              「それっておかしくない?」

              「それ位自分でやればいいのに」と

              心にモヤっとしたものを感じたならば

              OKしないことです。

               

              その際、「これをやってくれるならば

              協力しますよ」と3の道を提案する

              コミュニケーションスキルも

              必要になってくるかと思います。

              これに関しては、カラーチェンジフローライト

              という石がお勧めです。 

               

              光を当てると深みのあるブルーが紫がかった

              ピンク色に変化するこの石は、

              叡智の光を当てることで

              全く違う解決策を私達に提示してくれます。

              | 天然石専門店 ストーンプラス | 見咲幸呼 | comments(0) | - |
              見咲幸呼よりメッセージvol.52
              0

                目に見えない世界について興味のない方は

                スルーして下さいの第52弾です。

                最近のご相談で多いのが、

                依存してくる他者の尻拭いを

                し続けている真面目な人が、

                もう限界と追い詰められているケースです。

                依存する側は「自分は弱いから」

                「大変だから」「歳だから」等々

                さまざまな理由で、

                責任感の強い人に色々と

                要求してきます。

                理由は何でも良い訳です。

                 

                真面目な人は、

                「家族だから」

                「上司だから」

                「過去に世話になったから」

                「可哀想な人だから」

                と、放っておけずつい助けてしまいます。

                すると、さらに要求がエスカレートし、

                そのうち助けて貰えないと

                「こんなに困っているのに助けてくれないなんて、

                あなたはひどい」

                「何て私は可哀想なんだ」

                という言動をとり、

                「あなたは責任を果たしていない」と責めて来ます。

                罪悪感にとらわれた真面目な人は、

                自分の時間を犠牲にして要求に応え続けることになります。

                そして、疲弊していきます。

                 

                もし、他者からの要求をこなすことに疲れと

                イライラがあるならば、

                依存してくる相手の要求が正当なものなのかどうか

                見つめることをお勧めします。

                助けてしまっていることで、

                相手の学びを奪っていないかどうか、

                自信を奪って不安をエスカレートさせていないか、

                考えてみてください。

                あなたが助けなくても、

                その人は自分で自分のことを出来るはずです。

                簡単なことなのに自分でやらないという選択をし続けると、

                その人は自分のことを無力だと無意識で感じはじめます。

                そして、その無力感をもたらした相手に対し、

                無意識の怒りを持つのです。

                怒りが、執着と恨みに変質する前に、

                関係性を変えていきましょう。

                 

                依存してくる方は不安から行動することが多いので

                「それは自分できっと出来るよ」

                「大丈夫だよ」

                と安心させて、自分の時間を確保してください。

                自分の貴重な時間を、まずは自分にとって

                一番大事だと思える価値観を満たすために

                使ってみてください。

                自分が価値を置いていることに

                時間を使えば使うほど、

                依存していく人は離れていきます。

                1日10分でも20分でもいいので、

                自分を大事にする時間を優先させてみてください。

                依存してくる他者と良い意味で

                線引きするのを助ける石は、

                カラーチェンジフローライト、

                ペタライト、

                ブラックスターサンストーン、

                アメトリン、

                アイオライトです。

                相手の良い部分とだけ付き合うことを助けてくれます。

                また、タイミングをうまくずらして

                相手と会うこと自体を少なくしてくれます。

                | 天然石専門店 ストーンプラス | 見咲幸呼 | comments(0) | - |
                見咲幸呼よりメッセージvol.51
                0

                  久しぶりのメッセージです。

                  目に見えない世界について

                  興味のない方はスルーして下さいの第51弾です。

                   

                  今回は災害の話をしたいと思います。

                   

                  平成307月豪雨、96日の北海道胆振東部地震、巨大台風、

                  最近では928日にインドネシアのスラウェシ島で

                  マグニチュード7.4の大地震があったのは記憶に新しいですが、

                  どうすればそういった災害を起こさないように出来るのか、

                  という話をしたいと思います。


                  自然破壊や地球温暖化の影響も勿論あると思います。

                  ここでは目に見えない世界で何が起こっているのかという話ですので、

                  興味のない方や信じたくない方はスルーしてください。

                  スルーした結果はひとりひとりが色々な形で受け取ることになるそうですが、

                  知っている者には伝える義務があるそうなので、

                  勇気を持って書くことにします。

                   

                  地震や風水害などの災害を防いで土地を守ってくれているのは、

                  ずばり『土地神』です。

                  日本の場合は地元の神社の神様や、

                  その神様たちと協力関係にある『自然霊=精霊』です。


                  土地神や精霊は、地球の分身(=分御魂)のような存在です。

                  北海道ではアイヌ民族の神々が該当します。

                  日本には八百万の神々がいらっしゃるので、

                  細かく分けるとルーツが色々とあるのですが、

                  それはまた改めて。

                   

                  基本的には日本は信仰の自由が憲法で守られている国ですから、

                  何を信じるかは自由ですが、その信じていることそのものが、

                  地球を苦しめているかもしれないという可能性を

                  頭の隅に入れておいて欲しいのです。


                  特に、唯一神を信仰している信者の方は、

                  自分の信じている神様が絶対で

                  どの神様よりも偉いと思っているかもしれません。


                  その考え方は、諍いを生み、戦争の原因にもなり得ます。

                  唯一神を崇拝する宗教は、

                  権力者が臣民をまとめるのに都合が良かったという側面に、

                  そろそろ地球の人は気付かないといけないのかもしれません。

                   

                  つまり、新興宗教に入信したり、

                  怪しげなスピリチュアル系セミナーに行ったり、

                  やたらとポジティブな自己啓発団体に入会したり、

                  集団で祈ってみたり、集団で瞑想(=迷走)してみたり、

                  外国から来た絶対唯一神を崇拝しているということが、

                  自然霊や地元の神様達の居場所を占領して

                  邪魔していることに他ならないということです。


                  エネルギーの場を依存心で歪められてしまったら、

                  そこで精霊や地元の神様は活動しづらくなるのです。

                  また、先祖を敬うのは大事ですが、

                  その先祖達も生前は自然からの恵みを頂いて

                  肉体を維持していたはずです。


                  人の本質は魂で何度も転生しているので、

                  自分が供養している先祖のそのまた先祖が

                  自分の前世だったなんてこともよくあります。

                   

                  ここではないどこか遠くや外の世界や宇宙に

                  『神』を求めるのはそろそろ辞めて、

                  大事なものは足元と身近にあり、

                  地球の自然に生かされている自分を感じて愛して、


                  目に見えなくても地球を守っている

                  神様達や精霊さん達に感謝して、

                  卑屈になることも傲慢になることもなく、

                  調和して生きることを選んでみませんか。


                  鏡に向かって自分に大好きと言ってみる、

                  自分が大事にしたいと心から思えることを優先させてみる、

                  他者と自分を比較しない、他者の価値観で生きるのを辞める、

                  自分を蔑ろにする人とは距離を置く。


                  シンプルに生きるのは、しがらみの多い環境では

                  まだまだハードルが高いかもしれませんが、

                  そんな時は人間界と精霊界を繋ぐ架け橋でもある

                  天然石を身に付けて、

                  精霊や地球の神様たちに力を借りてみてください。

                  | 天然石専門店 ストーンプラス | 見咲幸呼 | comments(0) | - |
                  見咲幸呼よりメッセージvol.50
                  0

                    目に見えない世界について興味のない方はスルーして下さいの第50弾です。

                     

                    今回は「居場所」についてお話ししたいと思います。


                    よく、自分の居場所がない、自分がどこにいるべきで何をすべきなのか分からないから何かヒントが欲しい、というご質問を受けます。誰かがその質問を発する時、その「居場所」とは、実際に自分が住んでいる家や、職場などのような3次元的な場所のことではなく、「心の居場所」ということであると感じます。そして、誰かに「あなたはここにいてもいいよ」と許可を貰いさえすればそこが居場所になるという訳でもないようなのです。


                    「心の居場所」とは、どこにいようと、誰と一緒にいようと、「自分の未来が明るく希望に満ちている」と感じることが出来る「瞬間」そのものであるそうです。誰かに一緒にいてもいいよと許可をされていたとしても、その人と一緒にいて明るい未来を感じる瞬間が全く来ないとしたら、その人の隣は、あなたの「居場所」ではないのかもしれません。また、ある地域に住み続けることが息苦しく可能性が狭められているように感じ、明るい未来を感じることが全く出来ないとしたら、そこはあなたが住むべき「居場所」ではないのかもしません。職場で自分の明るい未来のヴィジョンを思い描く瞬間が全くないとしたら、そこはあなたが働くべき場所ではないのかもしれません。今までずっと一緒にいて、環境や関係を変える努力をし続けてきたにもかかわらず、殆ど明るい未来を感じられなかった相手や場所からは、速やかに離れた方が良いかもしれません。


                    裏を返せば、「私の将来は明るくて希望に満ちている」とヴィジョンを思い描くことが出来れば、居場所ではないと感じていた場所や人を、自分の「心の居場所」にすることが出来るということです。そして、明るい未来を思い描いてはいけない、と思い込んでいる方は、まず、自分に良いものを与えようと決める必要があるかもしれません。


                    一緒にいて、自分の未来が明るいと感じる瞬間がある相手や場所はどこですか?そこを見付けたら、その相手や場所を大事にしたいですよね。そして、自分自身も誰かにとって明るい未来を思い描ける「心の居場所」になれるよう、他者の幸せを心から喜んで、応援して、心が温かくなるような言葉(=言霊)を使っていきましょう。

                    | 天然石専門店 ストーンプラス | 見咲幸呼 | comments(0) | - |
                    見咲幸呼よりメッセージvol.49
                    0

                      目に見えない世界について興味のない方はスルーして下さいの第49弾です。

                       

                      2016年も残すところあと3日となりましたね。ですが、年末という感じがしない、というコメントをよく耳にします。今年の夏以降の特徴としては「季節感がない」ということが挙げられると思います。季節が夏と冬を行きつ戻りつして、秋が訪れないまま、何となく暦の上だけ年末になってしまった、という印象を受ける方も多いのではないでしょうか。


                      表面的な時だけが過ぎて、時間をかけたことが形になっていないという状況とリンクしているようです。仕事や手続き等も話が2転3転して、折角労力をかけて進めた計画が振り出しに戻ってしまったり、タイミングが合わなくてチャンスを逃してしまったという方も多かったようです。この現象は「魂の時間が予定通り進んでいない」ということと関係があるそうです。本来であるならば、着実に手にすることが出来るはずの成果がなかなか形にならないというのは辛いものです。自分にとっても皆にとっても良い方向へ進めようと努力しているのに、それを妨害する何かの意図のようなものを感じた方もいたのではないでしょうか。


                      ブラックホールという言葉を知らない方は恐らくいないと思います。星が寿命を終えて爆発したあと巨大な重力の塊に変質し、光すらもその重力に捕らえられると出てこれなくなる天体のことです。そのブラックホールに似た姿をした渦のようなものを、そこここで目にします。大きさは親指サイズのものから、直径2〜3メートルにまでなっているものもあります。親指サイズのものは、人の体の腰や頭などに刺さっていることが多く、その場合激痛を伴います。今まで経験したことがなかったのに、初めてギックリ腰になったと訴える方はかなりの確率で腰に刺さっています。いきなりガツーンと頭痛が来たという方は、頭頂部から額にかけて刺さっています。病院で診て頂いて、原因不明という場合はミニチュアブラックホールが刺さっているかもしれません。また、直径1メートル以上のものは、人が多く集まり留まっている場所(職場の事務所や人通りの多い所など)に固定化されており、場にいる人たちのエネルギーや時間をぐんぐん吸い取るので、成果が全く上がらなくなったり、モチベーションが下がったりします。


                      このブラックホールもどきが吸い込むものは、生命エネルギー・コミュニケーション(情報のやり取り)・時間(費やした労力)です。お心当たりがある方にお勧めなのはカルサイトという天然石です。場に置く場合は少し大きめの丸玉、身に付ける場合はペンダントやブレスレットがお勧めです。カルサイトは、透明・黄色・オレンジ・緑・ブルーなど様々なカラーバリエーションがありますが、人によって合うカラーが違うようです。場や人を浄化し、意識を上げるのを助けるカルサイトは心強いお守りになると思います。

                      | 天然石専門店 ストーンプラス | 見咲幸呼 | comments(0) | - |